スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初奪還へ! 2/6第2回カミコミダービーレポ

丁度一週間前に行われたカミコミダービーのレポです。
先週の大雪凄かったですねw 山梨でも70センチほど積もりましたし、富士山も真っ白w

それでも八王子CSにいった身内もいますw よーいったな~

■第2回カミコミダービー
●大会方式:スイスドロー四回戦二本先取
●使用デッキ:シータ・Nエクスランデス
●人数:10人
●主な参加者…俺、師匠、てっちゃん、キリハ、シャーロック、ジェニファー、いもけんぴ、藤昇、クルーク、toki
●雑感
2回目となるダービーにクルークとtokiが初参加。ただ時間のため途中までの参戦となる。

ダービー初優勝を狙う自分は前回同様ランデスエクス。やや不本意ながら前回序盤のスタートができなかったことが
多かったので、普段なら絶対しないブースト10枚体制で挑んだ。


■一回戦:導師匠(5CカツキングMAX)
…前回に続く対戦。相性はやや有利か。
結果:○○

一戦目
ライフ→マナクラ→エナジー穴リュウセイと回り、相手もミラクルブースト狙うが5色揃わず1ブーストに。
メタルに繋ぎ、2枚目のエナジー穴でキル×2を次ターン覚醒し、メタルと共に殴りきる。

二戦目
ホルモンスタートも天変で五分にし、Nに繋ぐが返しにロスト喰らうw
運よく永遠リュウセイがでて、トップで引いたのはエナジー穴。 キルタッチャブルの二打点追加で攻めるがハヤブサ
とハンゾウでそのターンは凌がれる。

カツキングMAXで永遠を焼かれるが、トップエクスで勝ち。

■その他一回戦
初代王者となったシャーロック(スクランブル型墓地ソース)はてっちゃん(5Cヒャックメー)に1-2で連覇ならず。

ダービー初参加のtokiは火単で挑むがそれを見過ごしてたかのようにムルムルソードを選んだ藤昇に0-2。

クルーク(5Cアンタッチャブルキューブ)はいもけんぴ(墓地進化速攻)に2-1も時間のため終わり。

ジェニファー(Bロマノフ)対キリハ(アナカラー堕天使)の俺のデッキ対決はジェニファーの2-0。


■二回戦:シャーロック(クローシス・スクランブル型墓地ソース)
…環境トップにいる墓地ソースとやってみたかったのでいい機会だ。
結果:○×○

一戦目
マナクラ→マナクラ→Nで主導権取り、小型でビートされるがトリガーもヒットし、ダブルリュウセイでビートして勝ち。

二戦目
アツトで何枚か殴られのが後々響き、Nだすも、ややタイミングが遅く、セカンドだされ負け。

三戦目
ブースト→マナクラ→勝利リュウセイとし、キューブリック使われないように天変とメタルで青マナをランデス。
スクランブルも撃たせず、8マナたまり、N&ジャスミンとし、リュウセイ、メタル、キルタッチャブルと攻めていき勝ち。


ガネージャーとかより攻撃が遅いため、ランデスNエクス的にはやりやすくなった印象だ。

■その他二回戦
藤昇対てっちゃんはヒャックメー対ムルムルソードという対決となり、物量でムルムルソードが2-0。

師匠はキリハに2-0、ジェニファーはいもけんぴに2-0とした。

■三回戦:てっちゃん(5Cカウンターヒャックメー)
…八王子CSで使用する予定だった(雪でてっちゃんはでられず)ヒャックメーと逆指名があったため対戦。
結果:○○

一戦目
鬼面城からアントワネットで攻めてくるが吸い込むで戻し、天変やメタルでランデス。
バイケン対策に勝利リュウセイ、キル×2を覚醒し、充分打点を揃え、駄目押しにNワールド。

ヒャックメー踏んでも問題ない布陣で畳み掛け勝ち。

二戦目
一戦目とほぼ同じ内容だったが、相手はスパエメで加えたのがヒャックメーだったらしく、結局ヒャックメーはトリガー
せずに盛りだくさんの布陣で進撃。


実はこの前日にヴォールトでヒャックメーと戦っており、なんとなく戦法は熟知できていた。
何事も経験だよねw

■その他三回戦
全勝対決の藤昇対ジェニファーはアラゴトモールスの動きからザビミラでヴォルグ×4をだしたものの、防ぎきった藤昇が
2-1で勝利。ここにきてまさかの決勝進出ww

シャーロックはキリハに2-0、師匠はいもけんぴに2-0とした。

■四回戦(決勝):藤昇(光水ムルムルソード)
…三年半ほど前に藤昇の仲間の早将が使用し、75回で優勝。
その後、俺やてっちゃんがジェスターソードに変貌させながら優勝しているのだが、藤昇のはまんま元祖ムルムルソード。 大量の1コスブロッカーを並べ、ソードで決めるという一番単純なタイプ。

かつての朋友のデッキで桃太郎時代には果たせなかった大会優勝を狙う。
結果:×○○

一戦目
自分もムルムルソードを持っているため、とにかくロードリエスからの展開をさせないことが重要だとわかっていたのだが、こういう時に限って2スタだはなく青銅スタート。対する藤昇はアクロライト→シンカイドーベルと軽減クリを連続し、早々にロードリエスが出てしまう。

バウンスしか除去手段がないため、そこからウェビウス、ジェス、シュウ、ムルムルと大量展開され、次ターンには早くもソード。  クロックもトリガーせずに最速で勝負を決められてしまった…

二戦目
シンカイドーベルを超動で破壊し、次ターンにマナクラ。そこから勝利リュウセイ→メタル→メタルでロードリエス
を出させずにバジュラだして勝ち。

三戦目
後攻もジャスミン→吸い込む→天変でドーベル→ロードリエスの妨害をして、メタル→バジュラしたら投了もらった。

二戦ともバジュラが決まるとはねw

■その他四回戦
師匠対ジェニファーの入賞争いは師匠が2-0で締め三位確定に。

キリハはてっちゃんに2-1とし、またも前回同様最終戦で全敗を免れる。

シャーロックはいもけんぴに2-0。


■結果
●優勝:俺(シータ・Nエクスランデス)※ダービー初優勝
…あわよくば全勝狙いたかったが、このカオスな環境では難しかったようだww
それでもダービー二回目で初優勝。実は過去の初優勝までの所要回数は桃太郎上吉田店では三回目、Qスタでは七回目
だったため、二回目というのは自己最速での達成となる。

通算優勝回数も桃太郎10年半の歴史で積み上げた70回に+1として71回目。

●二位:藤昇(光水ムルムルソード)
…Dynamiteで復帰後、3回目となる実戦で古代兵器ともいえるムルムルソードでまさかの2位ww
速攻やビートには無敵の力を誇り、コントロールには大量展開からのソードで一矢報いることもあるため強ちなめられないデッキタイプなのは間違いない。

桃太郎時代には5度の2位を記録した藤昇。 2010年12月の83回以来となる入賞だ。

●三位:導師匠(5CカツキングMAX)
…初戦で俺に敗れた後は怒涛の追い上げで6-0を記録ww
ダービー初入賞を果たした。

●四位:ジェニファー(闇自然アラゴト・モールス型Bロマノフ)
…このBロマノフを崩し、作成した黒ビッグマナ的墓地ソースで八王子CSベスト16になったようだ。


■結果
藤昇の暴走で盛り上がった今大会。
上位陣のデッキ見てもわかるとおり、トップメタを押しのけてランデスやムルムルソードが結果をだすのが
桃太郎のカオス環境なのだが、前回以上に桃太郎らしい環境といえただろう。

次回からtokiやクルークのためにも1日2部制にするかもしれない。
そんなわけでこの後ダービーいってきます~w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この記事で使ったNエクスランデスの構築を知りたいです。
できれば記事に書いてもらえませんか?

No title

ミケランジェロさんへ

コメントありがとうございます。
Nエクスランデスのレシピなんですが、3/21の静岡CSの候補デッキなので、
それ以降でしたら公開できると思います。

それか去年のDMDynamiteの結果を見てもらえば、どんな形のデッキなのかわかるかと
思います。

希望に添えず申し訳ないですが、3/21以降にまたコメントいたたければ公開します。
DMスカウター
プロフィール

ゴメス

Author:ゴメス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
桃太郎
llllllllllllllllll
かか
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。