FC2ブログ

山梨DM林間学校 Dynamite!!2days を終えて~ 主催総括~

どうも皆さん大変お久しぶりです! このブログを更新するのは5か月ぶりくらいですねw

この数か月何していたのかというと…先日行われた史上初、宿泊付きのCSその名も【山梨DM林間学校 Dynamite!!2days 】の準備に追われていましたw


なんとか成功を収めましたが、前例がないイベント故、紆余曲折を経てようやく当日を迎えたというところでした。


いい機会なので主催目線からの記事を3回に分けて書きたいと思います。

拙い文章ですが時間がある方は是非ご一読を!


前編となる今回は大会までに至る経緯だったりをザックリ書きます。


一番最初に言い出したのは6月後半だったかな~

前々から宿泊付のCSがあったり便利だなと思っていて、それに見合う会場があったのが大きかったです。

富士緑の休暇村…地元の人なら学生時代に宿泊学習や林間学校でいったことがある宿泊施設です。 ここはホテルというより学校の宿泊やスポーツチームの合宿などの用途で使われることが多く、比較的リーズナブルな値段で泊まれ、大中ホールや体育館などもあり、大浴場に大食堂と大人数の団体で泊まるにはもってこいの施設です。


会場が決まり、本来は半年くらいの準備を設けて2019年の春頃を予定していましたが、6月後半に宿泊付のCSがあったら出たいか?というアンケートに1000票を超える反響と、仲間の後押しもあり11月の3連休に開催することに決めました。 7月前半に会場を押さえ、施設側と打ち合わせ。


カードゲームの大会での利用はもちろん初めてでしたが、休暇村側も快く引き受けてくれました。

最初の打ち合わせ時に真っ先にお願いしたのは送迎バスの手配。


休暇村自体は宿泊CSをやるには最高の環境が整っているのですが、最寄駅の河口湖駅まで約25分w

バスや電車が主な交通手段となるのでこの立地をカバーするには送迎は必要不可欠でした。幸い休暇村はマイクロバスが2台あることは知っていたので、この点はクリアしました。


次に募集方法。

仲間や知り合いと一緒に登録する団体登録と1人参加用の個人登録の二つ登録フォームを用意しなければならなかったのでイザジンは使えず、例年通りHPからの受付にして、この企画で一番避けなければいけないドタキャン対策として他のイベントも取り入れている事前入金制を採用しました。


次点として運営メンバーの確保。

大会マネージャーとして元々イベント思考が高い颯が引き受けてくれ、てっちゃん(アニマックス)や弟のジェニファーがジャッジ兼スタッフとして名乗り出てくれましたが、人手不足は明白でした(笑)


そこで運営協力の依頼をしたのは静岡CSを運営しているteam静岡のメンバー。

GPでも活躍されてる方も多く、みなさんご存知の通り静岡CSは日本屈指のCS。


認定ジャッジがいない自分たちにとっては大会運営のプロフェッショナルでしたw

元々山梨勢と静岡CS主宰のサンダースさんは第3回桃太郎決闘祭依頼付き合いがあり、自分たちも毎度静岡CSには参加させてもらってました。 さらにてっちゃんやジェニファーが静岡勢と仲良いこともあり、サンダースさんに話を通した所、快諾して頂きました。


結果、ヘッドジャッジとして蒼さん、フロアジャッジとしてpunteさん、スコアキーパーとして実況でもおなじみのバートレットさんの三名を招聘させてもらいました。


着々と準備が進んでいく中、自分は仕事の繁忙期に入り、8月も殆ど手付かず状態…

何とか直接顔見せするべく静岡CS初日だけは休みをとりましたが、その静岡がまさかの休止宣言と…


最初に依頼した時はもちろん最後の静岡だとは予想できなかったので、大変な時期に依頼しちゃったのかな~とも思いましたが、蒼さんもバートレットさんも直接会い、快く引き受けてくれました。サンダースさんにも最後の静岡CSの貴重な時間の中で2日間宣伝の時間を下さり、協力してもらいました。


8月から登録開始を始め、田園様にも載せてもらい、そこそこ告知してきたはずでしたが、当初の予想よりは登録者が伸びず…

未確定事項が多かったのも理由でしょうが、やはり前例のないイベント…

興味もってる方はいても実際あと一歩で迷ったり、田園様のコメント欄にもありましたが、知らない人たちと泊まるのはちょっと…とか盗難おきそう…とか否定的な意見もそれなりに見受けられました。


それでも開催できれば必ずCS業界に一石を投じれるイベントだと思ってましたし、今までのdynamite!!で培った≪参加者を楽しませる≫をコンセプトとしてやっていれば間違いないと思い色んな企画を考えました。


相変わらず登録者が伸び悩んでいた9月上旬、幸運なことに有名DMYouTuberのflat-さんがこのイベントに目をつけてくれて、記事に取り上げてくださいました。さらに普段はCSの告知はしないデネブログ様がflat-さんのインタビューの流れから特別に告知して頂きました。 ここから上昇気流に乗り、さらに受付期間をギリギリまで延期した結果、100名という大台を突破することができました。


これで一安心し、CSサポートも申請し、認定ジャッジも二人いてその分もポイントが加算される大会になりました。


9月以降は自分も仕事が落ち着いたため、各CSに行き声掛けするなど動き、颯やてっちゃんも行ったCSで宣伝活動してもらい、颯はそのフットワークの軽さで北関東にも赴いてくれましたw


10月に入りタイムスケジュールや部屋割、送迎の時間等、いよいよ本格的な段取りになり、HPの方は蒼さんが対応してくれ、大変助かりました。


二人以下は相部屋になると登録の時点で承諾してもらってましたが、やはり一番気がかりだった荷物。

貴重品は各自で管理してもらうにしても、その他の荷物を全員自己管理しろというのは無理な話でしたので、我らがスタッフ・クルークにクローク係として2日間働いてもらいましたw 大会中から部屋が解放され就寝時間となる夜まで必ずどこかで荷物を預かれる体制を作りました。

これで相部屋の人たちの不安が少しでも解消されればと。


長いようで短い準備期間があっという間に過ぎ、いよいよ大会まで一週間…

大会規定はホームページに載せましたが、それ以外の宿泊や施設に関する注意事項は当日参加者に配る形で作成し、部屋割り、タイムスケジュール、卓番、さらに看板まで、休暇村の協力もあり用意できました。

会場となる体育館…懇親会会場のレイアウトを休暇村側に提出し、大会前日に施設の方たちとセッティング。 テーブル60卓、椅子120脚、ホワイトボード×3等々…

自分は完成した会場を最初に見て思ったのは「広ぇー」でしたねw


300人規模を想定できる広さなので、今回はかなり贅沢にセッティングしましたよw

キャリーバッグ等も楽々通れるほど通路を広くし、他のCSなら3人座る所を2人にしたり、参加した方は分かるかと思いますが、過去のCSと比べても一番ゆったりとしたスペースがあったのではないでしょうか?(そこはそんな重要ではないw)


懇親会会場も座卓と座布団を並べ、余興の紙とペンを置いて終了。

後輩sが懇親会でやるビンゴ大会の方法をアドバイスしてくれました。


颯、toki、てっちゃんが完成した会場を見に来て、途中からサポート景品を貰ってきたキリハが合流。当日の流れを確認し、休暇村を後にし、ドンキで買い出し、阿修羅を迎えに行き最後は家で最終ミーティグして終了。


こうして急ピッチで進めてきたDM林間学校、いよいよ大会当日を迎えます…

中編へ続く!


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

DMスカウター
プロフィール

ゴメス

Author:ゴメス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
桃太郎
llllllllllllllllll
かか
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR