第84回公認レポ


先日行われた第84回公認大会のレポ


桃太郎を含め、2010の最後の大会となる。

■第84回公認レポ
●大会方式:スイス四回戦二本先取
●使用デッキ:火闇自然水ベター型Mロマノフ
●人数:16人
●主なメンバー…俺、ジェニファー、後輩S、おっことぬしS、杉貴、バジュラ兄、てっちゃん、藤昇、藤原、龍治、森さん、S村、シアン師匠、阿修羅、♀猫、中学生達

●雑感
桃太郎もクリスマス&年末シーズンで忙しく、12月の公認が二回しかなかったため、前回からかなり間が空いた今大会。

新弾発売後初となる大会だし、メンバーも今年ラストを締めくくるに相応しいメンバーが集まった。

まずおっことぬしS、後輩Sが2人揃い、キューピットには参加してたが、桃太郎は久しく参加してないバジュラ兄、藤原とS村も久しぶりの参加。
さらに阿修羅、師匠と桃太郎Qスタ店創成期組が集結。

阿修羅の彼女である♀猫が桃太郎史上初の女性プレイヤーとして大会に初参加。

最近では一番多い16人。

前回優勝の俺はおそらく新殿堂対応前最後となると思い、青Mロマノフで参加。

■一回戦:てっちゃんの友達(火闇ゲキメツ)
結果:○○

一戦目
ゲキメツがマナに置かれたのだが、ブレイズクローが最初からでてきて、驚くも、ジャニットで返し、ジェスタルーペ→
Mロマベターで勝ち。

ニ戦目
サーファーでブレイズを返し、ナスオ、ジェスタルーペからハルカスと展開し、ベターで勝ち。


■その他一回戦
バジュラ兄(黒Mロマノフ)は藤原(墓地進化速攻)に2-1とまずまずのスタート。

ジェニファー(オガプーコン)は杉貴(黒Mロマノフ)に連敗。
本人曰わくやばい回りだったらしい。

後輩S(シータ・キリコinマルコビート)は藤昇(超次元ダーツ)に2-1。

出来立ての5Cランデスで参加したおっことぬしSはてっちゃんに負け越し。

いろんな常連対決が実現したが、その中で一番注目すべき対戦は阿修羅(シータ・マルコビート)対師匠(ヴァルディビート)の同学年対決。
共にQスタ店創成期に優勝しており、二年半以上ぶりの対戦となるが、阿修羅が2-0で勝利。

めちゃくちゃ嬉しそうにしてたな(笑)

■二回戦:S村(火単ファイヤーバード速攻)…まさかの火単(笑)
結果:○○

一戦目
軽量バードに序盤は苦戦するが、オチャッピィでSバックし、ジャニット域に達すると後はバウンスしまくり、Mロマノフからのベターで勝ち。

ニ戦目
サーファー、ジャニットが確実に刺さり、ジェスタルーペ→Mロマノフで積み。

■その他二回戦

おっことぬしS(5Cランデス)は初戦に続き、藤原(墓地進化速攻)に負け。
モロに相性差がでた勝負だった。


杉貴(黒Mロマノフ)はてっちゃんにも快勝

後輩S(シータ・キリコinマルコビート)は森さん(火自然速攻)に2-1。

阿修羅(シータ・マルコビート)はバジュラ兄(黒Mロマノフ)に完敗。

■三回戦:バジュラ兄(火闇自然ベター型Mロマノフ)
…久しぶりの対戦は最後のMロマ対決。
結果:○×○

一戦目
ナスオ→オチャッピィ→ジェスタルーペとし、Mロマノフからボルシャック穴をうちジョンタッチャブル。
相手もベターを撃ってくるが、ジャニットで凌ぎ次ターンに勝利。

ニ戦目
後攻で相手に先にトリッパーをだされ、動きが遅くなり、今度は相手がジョンタッチャブルをしてくる。
ポン吉ループで雑魚は除去するが、ジョンタッチャブルがやはり強く止められなく負け。

三戦目
ポン吉ループが強く、ジェスタルーペと合わせ数を並べていく。
互いにジョンタッチャブルをだすが、ダルマンディを張り、相手のジョンタッチャブルを殴り返しで破壊。
有利になり、ベターで勝利。

■その他三回戦
森さんはてっちゃんに勝利。

阿修羅(マルコビート)はS村(火単ファイヤーバード)と初対戦し、2-1で勝ち越し。


師匠(ヴァルディビート)は相性に勝る藤原(墓地進化)に完勝。

杉貴(黒Mロマノフ)対後輩S(シータマルコビート)の全勝対決は杉貴が2-1で勝利。

■四回戦(決勝):杉貴(火闇自然ベター型Mロマノフ)
…三回戦に続きMロマノフ対決。
結果:×○×

一戦目
互いに似た動きをするも、ジョンタッチャブル+ベターで負け

ニ戦目
ジャニット×2が活躍し、小型+Mロマベターで勝利。

三戦目
序盤はナスオ、ポン吉、ジェスタルーペで相手を完封しつつ場を展開できたが、肝心のMロマノフを引かない。
逆に相手は進化の化身からMロマノフをサーチし、ベターを撃ってくる。
ここはナスオ能力でサーファーがトリガーするのを確信していたため、サーファーとジャニットで凌ぐ。
しかし…
5枚のシールドからMロマノフは出て来ず…
クリーチャーを殴り返すのが精一杯の悪あがきw
最後はヴィルジニアからのMロマノフで負け。

最後の最後で中盤までMロマを引けないとはね!

しかしMロマノフ対決は一歩ミスれば即死だから怖い(笑)

■結果
●優勝:杉貴(火闇自然ベター型Mロマノフ)
…2010年最後を締めくくったのはなんと2003年旧桃太郎第一回大会参加者の杉貴。
最古参メンバーがまさかの優勝とは感慨深いよね。
杉貴は最初の大会にでていたけど、すぐに参加しなくなり、復帰したのはここ一年半くらいのはず!

初参加から初優勝までの期間がスギショウや藤原を超え、ぶっちぎりに長い。

今日はジェニファー、てっちゃん、後輩S、俺と勝った相手も文句なしだし、Mロマノフが強いのもあるだろうが、殿堂前だしね。

●二位:俺(火闇自然水ベター型Mロマノフ)
…前回優勝からしばらく間が空き挑んだ今回。
殿堂前最後だし、今年ラストの優勝をガチMロマで狙ったが惜しくも届かず。

素直に杉貴を称えたいと思う。

●三位:ジェニファー(ドロマー・オガプーコントロール)
…ジェニファーがもっきーをリスペクトして構築したオガプーコン。
レシピはジェニファーなりに考えてようだが、バウンスが強い環境故、城を張る度にバウンスできるのはめちゃくちゃ強い。
ドロマーで組めるから基盤がしっかりしてるのもある。

今回回りが悪かったらしい初戦の杉貴戦をを除き、その他は全勝と安定した強さを見せつけた。
杉貴と同じ黒Mロマのバジュラ兄にも勝ったためMロマノフに弱いわけではないようだ。

●四位:シアン師匠(クローシス・ヴァルディビート)
…低迷が続いていた師匠が自身唯一の優勝デッキのヴァルディで起死回生の四位。
今回ビートが多く、ヴァルディが勝ちやすいこともあったが、後輩Sや藤原に勝ち本人は満足の結果だろう。

●五位:森さん(火自然グレン・ソーヤ速攻)
…今年一年も桃太郎で暴れまくった森さんのステロイド。
キリコ、Mロマノフ、サイキックが流行っても参加すれば常に上位にくる森さん(笑)
来年も暴れて欲しいな~


■総括
今年全ての大会が終わり、最後を優勝で締めることはできなかったが、最古参メンバーの杉貴が初優勝という予想外の結果で2010年は終わった。
改めてMロマノフの強さを実感しつつ、次回から新殿堂に移行することになる。


最後に今年一年お疲れ様でした~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DMスカウター
プロフィール

ゴメス

Author:ゴメス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
桃太郎
llllllllllllllllll
かか
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR