いよいよ明日は勝-1関東! 今年の参加メンバー紹介!


地獄の9連勤がやっと終わったゴメスです(笑)
先週の火曜日以降はずっと仕事に出ずっぱりで、まったく調整してません(笑)

そもそも6日~8日まで休みを取った代償ですからしょうがないんですけどね!

それでも去年は東京に出張→翌日大会という最悪なスケジュールを組んでしまい、本当に回すことなく
本番を迎えてしまったというのもあり、今年は前日に休みをとり、夜みんなでお泊り調整会をやるんで
時間はないけど、ぶっつけ本番は免れることが出来そうですw


さてと…桃太郎が無くなるというとんでもないハプニングが今年はありましたが、桃太郎組はモチベを落とさず
上コミセンターやQスタの地下で回しており、思った以上に公式大会への影響はないようです。


ここで今年の参加メンバーを簡単に紹介! 格闘技風にキャッチフレーズも考えました~

1.ヒカル(2年連続2回目)【桃太郎組の新エース】
…去年の桃太郎デビュー戦では初参加初優勝という鮮烈デビューを飾りながら、そのまま連覇を達成。
桃太郎史上最高のデビューをしたあとも、着実に実績を上げていき、3か月足らずで公式出場を成し得る。

桃太郎での優勝回数も重ねていき、初めての大型非公認となった第1回甲子園ではチームで3位を記録!
初の個人CSとなった横浜GPではベスト8、静岡CSでも5-2の成績で決勝進出ラインまで生き残った。

先月は埼玉に遠征し、公認大会を2つ優勝。アウェーでも問題なく実力を発揮できるのは今までの若手には
なかったことだし、本当に安定している。


静岡勢やおっことsとの調整もあり、今回のメンバーでは一番期待できるかもしれない。

去年とは別人の如く強くなったヒカルが、公式大会で波乱を起こすか!?

2.疾風(2年連続2回目)【新世代のリーダー格】
…ヒカルと同じ大会で桃太郎デビューし2位。 その後もよきライバルであり理解者として、活躍。
甲子園3位を残し、横浜GPでは1-4の惨敗をするもその悔しさを静岡CSで見事に晴らすベスト16。しかも負けたのは森さんw

部活で桃太郎に参加できない日々が続き、モチベはダウン気味のことが多かったが、みんなの協力もあり権利
を手に入れた。

既にヒカルがエースというのを認めている疾風だが、どこかで負けたくないと思っているはず…

3.バジュラ兄(2年連続3回目)【桃流Mr.ビッグマナ】
…桃太郎での通算優勝回数24回は俺に次ぐ歴代2位。
いつの時代も桃太郎で常に優勝争いを繰り広げる実力者だが…意外なことに公式大会への参加は3回目。

店舗予選が導入されてからは、権利獲得することがあっても、ヴァンガやバトルスピリッツを優先にしていたため
参加しないことが多かった。 

去年の公式は2-1の盾差で惜しくも決勝を逃すも、関東CSベスト16など桃太郎屈指の実力は健在。

バジュラ弟が学校の行事で参加できなくなり、ギャラマシーマスター以来の兄弟揃い踏みは見られなかったが、
弟の調整もいつも以上に行っており、弟の分まで頑張ってくれるはずだ。

4.キリハ(初参加)【遅れてきたラッキーヒットマン!!】
…旧桃太郎から参加しているバジュラ兄たちのデュエマの師匠の一人。
旧桃太郎時代は結果を残せず、Qスタでは主にヴァイスやヴァンガで結果を出していたのだが、今年まさかのDM
復帰を果たし、最初はスターマンデッキ(笑)しかなく、上位プレイヤーではなかったのだが、ガチ思考にチェンジしてからは、黒緑超次元を完成させ、何度も入賞。

店舗予選では2回目の桃太郎で2位になり権利を獲得し、甲府方面では2回優勝するなど実績を上げた。

桃太郎が消滅したために桃太郎優勝ということはできなかったが、俺以外に唯一車を出せるメンバーとして、
桃太郎組を遠征に連れて行ったりしている頼もしい存在だ。

5.魔術師(初参加)【覚醒した桃太郎最後の優勝者!!】
…ヒカルや疾風と同じ高1メンバーでデビューこそ変わらないものの、2人が結果を出しすぎていたため
あまり目立たなかった魔術師。 ただデビュー戦では後輩sから1勝するなど才能の片鱗は見せていた。

今年も特に結果を残すことはなかったが、シューゲイザーデッキを完成させてからは急に結果を出すようになり、
キューピットでおっことsを倒し初優勝すると、甲府の優美堂ではOBらを押しのけて権利獲得。

その勢いは止まらず桃太郎188回大会で初優勝し、190回大会でも優勝。 190回で大会が終わったため、事実上桃太郎公認大会の最後の優勝者となった。

今回CSとかも含めて大型大会への参加は初参加。 ヒカルやtokiらは仲が良く、泊まりでの調整会も何度も
しており、心強いばかりだ。

6.toki(初参加)【次世代の下剋上ギャンブラー】
…去年の6月にクルークらとモモタロウデビュー。何度か入賞も毎回キューブで番狂わせを何度も起こしてきた
稀代のギャンブラーw

静岡CSでCSデビューし、桃太郎でも初優勝。権利戦ではみんなの協力でオギノバリオ店で獲得した。

朋友クルークの分まで戦うのはもちろん、結果以上に公式の雰囲気を感じてもらい、ヒカル達の次のエース候補
として経験を積んでもらいたい。

7.藤原(サイキックマスター以来3回目)【賛否両論の暴走野郎】
…現在は埼玉で活動している藤原だが、今年の権利戦は藤原にとって大変孤独な戦いであり、濃い1か月となった。
4月以降埼玉で俺たちの予想以上に結果を出してきた藤原。
その期待もあり、そして現地の埼玉勢からも獲れるだろうという見られ方をしていた藤原だが、権利戦は
決勝まで行くも負けることが多く、墓地ソースで出続け後が無くなっていった。

それでも最後の最後で桃太郎組が推してきたネクラで苦手なシューゲイザーを倒し涙の権利獲得。

今回誰よりも権利獲得に苦労した男が公式大会で奮闘する。 E3大会では連続で優勝しており、いい傾向にある。

8.ジェニファー(V-1以来6回目)【GM優勝の再現をもう一度…】
桃太郎10年の歴史でうちらが最も歓喜した瞬間…  それはGM関東大会。
当時小6だった俺の弟ジェニファーは神かかった強さでレギュラークラス優勝。

山梨の田舎からでも全国で戦えるんだぞ~という気持ちが強くなったのと、桃太郎流が関東1になった瞬間だった。

桃太郎はなくなったが、ジェニファーは健在。 公式大会での強さもメンバー最高であり、2年ぶりに公式に
参加する。

もう1度…  オープンクラスであの光景が見たい!!

9.ゴメス(8年連続8回目)【Mr.桃太郎 最後の桃太郎代表として…】
…自分のことになりますが(笑)
桃太郎がなくなり、もう自分はMr.桃太郎とはいえないですけど、やっぱり原点であり、DMプレイヤーとしてすべてが詰まった場所だった桃太郎。  もうないものをいつまでも引きずるわけにはいかず前に進むしかありません。

やっぱり誰よりも桃太郎にいたし、世話になったし、10年すべて見ているし、一番優勝しているし、
他のメンバーとは思い入れが段違いにあるんですよね。

だから今後も桃太郎10年の事は決して忘れずにDMを続けていこうと思います。

そして今回は桃太郎代表として最後の公式大会。
もちろん権利を獲得したキュピットの代表であることも忘れずに、桃太郎代表としての集大成の公式大会に
したい。

だから本当に一戦一戦噛みしめて、本当に悔いがないように頑張りたい…
全力でやった結果が好成績だったら尚且ついいですよね~

まずは予選突破!! やるだけですね!!


日曜日まで帰ってこないので、しばらく更新できませんが、今回はしっかり公式の記事を書き終えます!
ここ2年ほどレポも書いてないのでw

あと今年もDynamite!! やりますよ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DMスカウター
プロフィール

ゴメス

Author:ゴメス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
桃太郎
llllllllllllllllll
かか
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR